英会話スクールの講師

大人から子供まで需要の高い英会話スクール

英会話は日本では特に人気の高い習い事です。大人向けにビジネス英語を教える教室だけでなく、子供向けの基礎英語を習う教室もたくさん営業しており、そこで英語を教える講師の仕事の需要は非常に高いと言えます。

講師として仕事をしていくためには高い英語能力が必要になるのですが、特別に何らかの資格を所有していなくてはならないということはありません。実際に英会話スクールの講師として仕事をされている人の多くは、英語教師の教員免許を持っていたり、過去に海外で生活をしたことがあったりといった経験があります。英会話は学校で習う英語の成績が高ければよいというわけではなく、実際に会話をする機会が多かったかどうかということが問題になります。また英会話の能力が高い人がすなわち英会話スクールで優秀な講師になれるかというとそういうわけでもありません。人に語学を教えるということは会話そのものの能力だけでなく、どうやったら相手にうまく伝えることができるかという資質が求められるため、やはり教員免許やそれに準じた資格や経験があることが望ましいと言えます。

2つの語学を十分に扱うことができることが前提

英会話スクールの講師の仕事は、若い女性や主婦の方から多く希望されています。これは女性は語学を得意とされている人が多いということと、過去に自分も長く英会話スクールにかよっていて高い英語能力がある人が多いからです。また子供向けの教室で多くの子供たちと楽しく授業をしたいということも関係しています。ですが子供を相手に英語を教えるというのは大人を相手にするのとはまた異なるスキルが必要となり、いかに興味を引く授業ができるかという難易度があります。大人向けの英会話スクールの場合には、授業を受ける人のレベルに合わせたレッスンができるかということと、ビジネス英会話では専門用語を正しく使用できるかということが問われてきます。

繰り返しになりますが、ビジネス英語ができるほどペラペラ喋れる語彙力と、レッスンで求められる授業ができるかは全く違うスキルになるので、もし講師の仕事を探すなら自分の得意分野を生かした就職先を選ぶことが大切です。英会話スクールは非常に人気の高い習い事ということもあり、講師の仕事はアルバイトでもかなりの高額が提示されていることがよくあります。ですので塾講師の仕事を普通に探すよりも、英語能力を生かした英会話スクールを狙う方が収入を得るためには向いています。

どこかの塾に就職をするだけでなく、身近な人の家庭教師としてパーソナルトレーニングをしていくという方法もあるので、副業として始めるならまずはそうした一対一のレッスンからしてみるのがよいかもしれません。